最近、次亜塩素酸水という言葉を耳にする事はありませんか?
ノロウイルスやインフルエンザウイルス等に強い殺菌力があり、人体には無害で、安価で、消毒臭もないとか…
そんな魔法のような商品があったら、みんな飛びつく筈なのに、いまいち店頭で見かけないような気がするのはどうしてでしょうか。

次亜塩素酸水とは?

「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液。
わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されており、使用基準及び成分規格が定められている。」(引用:次亜塩素酸水 次亜塩素酸水 1 – 厚生労働省)
簡単に言うと、手洗いや除菌清掃、食品の洗浄に使える水です。(薬品ではなく、飲料水でもない)

次亜塩素酸水で殺菌できるものは何か?

「培養した大腸菌、黄色ブドウ球菌、MRSA、サルモネラ菌、緑膿菌、レンサ球菌、枯草菌、カンジダ、黒コウジカビの各種微生物を、微酸性次亜塩素酸水(pH5.2、有効塩素濃度 57mg/kg)に添加し、経時的に生菌数を測定し、殺菌効果を検討したところ、枯草菌以外の微生物に関しては、1分でほとんどが死滅した。枯草菌については、接触 3 分後にほとんどが死滅した。」(引用:次亜塩素酸水 次亜塩素酸水 1 – 厚生労働省)
つまり、ほとんどの菌に対して殺菌効果が認められると厚生労働省からお墨付きをもらっているのです。

微酸性次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水は、酸性度によって強酸性電解水(pH2.7以下)、弱酸性電解水(pH2.7~5.0)、微酸性電解水(pH5.0~6.5)に3分類されます。微酸性次亜塩素酸水は、殺菌効果の基となる次亜塩素酸を最も多く含んでいるため高い殺菌効果を持ち、臭いの原因である塩素ガスを心配する必要もなく、肌にもやさしいのが特長です。

微酸性次亜塩素酸水生成装置とは?

微酸性次亜塩素酸水がこれほどの能力と安全性を持ちながら爆発的にヒットしないのには理由があります。
それは、分解速度が早いことで、一般的に売られている次亜塩素酸水は、使用期限が半年~1年に設定されており、かつ温度・光により分解が進むので、保存に気を遣わないとすぐに殺菌能力が落ちてしまいます。
そこで、微酸性次亜塩素酸水をいつでも必要なだけ生成できる「微酸性次亜塩素酸水生成装置」が今、食品関係や、医療・介護福祉関係の業界から注目を浴びています。
製品を見る